3757281: ポリガラクツロナーゼの大腸菌による生産システム

概要

酵母のポリガラクツロナーゼを大腸菌発現系システムを利用して活性のあるポリガラクツロナーゼタンパク質を得る方法。

請求項1

配列番号1に示すアミノ酸配列で293番目のアミノ酸セリンがグリシンに置換されたアミノ酸配列を 含むことを特徴とするポロガラクツロナーゼ。

請求項2

ポリガラクツロナーゼが35~40kdaの分子量を有し、3.5~6.0の至適pH及び30~55℃の間の至適温度を示すことを 特徴とする請求項1に記載のポリガラクツロナーゼ。

その他請求項8項。