ホーム >

「体験! 発酵・醸造の世界」
〜広島中央サイエンスパーク施設公開2019の開催〜
(令和元年8月1日)



  広島中央サイエンスパーク(広島県東広島市)には、独立行政法人酒類総合研究所をはじめ産学官の研究機関等12施設が立地しており、毎年1回施設公開を行っています。

 当施設公開において酒類総合研究所では、実験によって微生物の力を観察する「こども発酵教室」をはじめ、酒類の製造や品質管理の際に重要となる嗅覚のチェック、お酒の香り成分を使った芳香剤の作成、ゼリーを使った酵素パワーの体感など、酒類製造との関係が深いテーマのイベントを実施しました。当日は、計466名の皆様に不思議で面白い発酵・醸造の世界を体験していただきました。

 なお、酒類総合研究所では、概ね10名以上のグループの方を対象として、酒類製造実験棟の見学を随時受け付けております。ご希望の方は1週間前までにinfo@nrib.go.jpまでお申込みください。

img01

・「こども発酵教室」

img01 img02 img03
説明を通じて、微生物や発酵について学びます
実験を目の前で見ることができます パン生地は酵母の発酵によって膨らみます(左)


・各種展示、体験

img04 img06 img07
好きな香りと色を混ぜて、芳香剤を作って
います
嗅覚のチェック!
いくつ正解できるかな
麹って何?
見て触って、確かめよう

img08 img09 img10
なりきり研究者!
顕微鏡を覗くと何が見えるかな
麦汁の試飲を通じてビールの原料につい
て学習します
酵素の力でゼリー(ゼラチン)を
溶かすことができるのです

img11 img12 img13
試験製造や研究で使用するために、様々なお酒の原料を栽培、展示しています。






Copyright©National Research Institute of Brewing. All rights reserved.