ホーム >

赤尾副部門長が平成30年度日本醸造学会奨励賞を受賞しました



平成30年10月10日(水)〜11日(木)に東京都文京区で開催された平成30年度日本醸造学会大会において、当研究所の醸造微生物研究部門赤尾副部門長が日本醸造学会奨励賞を受賞しました。

<受賞対象>
「麹菌、酵母のゲノム解析による遺伝学的特性の解明」

<受賞者>
赤尾健

<業績紹介>
 今日の醸造微生物に関する研究開発において、ゲノムレベルでの知見は情報基盤として極めて重要です。麹菌のゲノム解析では、全ゲノムの解読に先立ち、産学官によるEST解析(様々な培養条件下でのcDNA情報の収集)による発現配列の情報が収集されました。EST解析の結果は、全ゲノム解析に活かされ、またクローンや配列の提供を通じて麹菌の研究開発の進展に寄与しました。清酒酵母のゲノム解析も産学官の連携により実施され、実験室酵母ゲノムとの様々なレベルの差異や、染色体構造上の興味深い特性が明らかとなりました。ここでの成果は、清酒酵母の重要な情報基盤となり、その後の清酒酵母の高発酵性とストレス応答不全の関係性の発見や、清酒酵母の系統分化の解明などにつながりました。赤尾副部門長は、結果の集計、情報解析、論文執筆を中心的に担当し、これらのプロジェクトに大きく貢献しました。

<参考文献>

1) (各種培養条件で培養された麹菌Aspergillus oryzaeからの発現配列タグの解析) Takeshi Akao, Motoaki Sano, Osamu Yamada, Terumi Akeno, Kaoru Fujii, Kuniyasu Goto, Sumiko Ohashi-Kunihiro, Kumiko Takase, Makoto Yasukawa-Watanabe, Kanako Yamaguchi, Yoko Kurihara, Jun-ichi Maruyama, Praveen Rao Juvvadi, Akimitsu Tanaka, Yoji Hata, Yasuji Koyama, Shotaro Yamaguchi, Noriyuki Kitamoto, Katsuya Gomi, Keietsu Abe, Michio Takeuchi, Tetsuo Kobayashi, Hiroyuki Horiuchi, Katsuhiko Kitamoto, Yutaka Kashiwagi, Masayuki Machida, and Osamu Akita, Analysis of expressed sequence tags from the fungus Aspergillus oryzae cultured under different conditions, DNA Res., 14, 47-57 (2007)

2) (清酒酵母Saccharomyces cerevisiaeきょうかい7号の全ゲノム解析) Takeshi Akao, Isao Yashiro, Akira Hosoyama, Hiroshi Kitagaki, Hiroshi Horikawa, Daisuke Watanabe, Rinji Akada, Yoshinori Ando, Satoshi Harashima, Toyohisa Inoue, Yoshiharu Inoue, Susumu Kajiwara, Katsuhiko Kitamoto, Noriyuki Kitamoto, Osamu Kobayashi, Satoru Kuhara, Takashi Masubuchi, Haruhiko Mizoguchi, Yoshihiro Nakao, Atsumi Nakazato, Masahiro Namise, Takahiro Oba, Tomoo Ogata, Akinori Ohta, Masahide Sato, Seiji Shibasaki, Yoshifumi Takatsume, Shota Tanimoto, Hirokazu Tsuboi, Akira Nishimura, Koji Yoda, Takeaki Ishikawa, Kazuhiro Iwashita, Nobuyuki Fujita, and Hitoshi Shimoi, Whole-genome sequencing of sake yeast Saccharomyces cerevisiae Kyokai no. 7, DNA Res., 18, 423-434 (2011)





Copyright©National Research Institute of Brewing. All rights reserved.